家を売却するベストタイミングについて解説!

公開日:2024/06/15  

ベストタイミング

希望通りの条件でスムーズに家を売るためには、売り時を見極めることが大切です。不動産市況や地域の動向、季節の影響などさまざまな要素が絡み合います。最適な売却タイミングを見極めるためには、地域の不動産相場や家の状態、自身の状況をきちんと把握することが大切です。そこで本記事では、家を売却するベストタイミングについて解説します。

家を売却するタイミングを見極めよう!

家を売却するタイミングを見極めるためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。以下に4つのポイントを紹介します。

不動産価格の推移や動向を確認

まずは不動産価格の推移や動向を確認しましょう。これは、国土交通省が公表している不動産価格指数や土地総合情報システムなどで、市場の傾向をチェックすることができます。価格が右肩上がりで推移しているなら、少しでも遅く売る方が得とされ、価格が右肩下がりであれば、早めの売却が賢明です。

時期

次に、売却の時期についても考慮しましょう。1年のなかで2〜3月頃はいちばん不動産が売れる時期といわれています。多くの人が新生活を始めるこの時期は、家探しをする需要が高まるからです。この時期の売却にタイミングに合わせるなら、11〜12月頃から売却準備を始めると良いでしょう。

築年数

また、築年数も重要な要素です。一般的に築10〜15年以内に売却するのが良いとされています。築15年を過ぎると、不動産としての価値が下がり、売れにくくなる傾向があるので売却を考える際には、築年数もしっかりと考慮しましょう。

税金

さらに、売却時には税金のことも忘れてはいけません。家を売って利益が出た場合、譲渡所得税という税金を支払う必要があります。この税率は家の所有期間によって異なるため、事前にシミュレーションしておくことが大切です。売却時のタイミングによって、どれだけ税金が変わるのかを把握しておきましょう。

家の売却を避けたほうがいいタイミングはいつ?

家を売却するベストタイミングがあれば、避けたほうがいいタイミングもあります。そこで、こちらでは家の売却を避けたほうがいいタイミングについてみていきましょう。

所有期間が5年以下の場合

まずは、所有期間が5年以下の家は売却に慎重になる必要があります。なぜかというと、譲渡所得税や住民税の税率が高くなるため、売却すると負担が大きくなってしまうからです。そのため、所有期間が5年以下の家を売る場合は、税金面をしっかりと考慮し、損をしないよう注意しましょう。

所有期間が10年まであと少しの場合

次に、所有期間が10年まであと少しの場合、もう少し待ったほうが賢明です。所有期間が10年を超えると、特例として「マイホームを売ったときの軽減税率の特例」が適用されます。この特例を利用するためには、所有期間が10年を超えてから売却する必要があるのです。

そのため、所有期間が10年に近い場合は、少し我慢して10年を超えてから売却することで、税金面でのメリットを得ることができます。

住宅ローン金利が高い場合

さらに、住宅ローン金利の状況も慎重に検討しましょう。住宅ローン金利が高いときは、家の購入を控える人が増える傾向があるのです。このような時期に家を売ると、需要が低下して売却が難しくなる可能性があります。

逆に、住宅ローン金利が低いときは、購入需要が高まるため、家を売るタイミングとして適しているでしょう。

タイミングを見極める際の注意点

家の売却を適切なタイミングでおこなうためには、注意点があります。上記でもお伝えしたとおり、税制の優遇措置や相場、資産価値の変化、時期など、さまざまな要素を総合的に考えて検討することが大切です。

これらの要素は互いに影響し合い、最適な売却タイミングを見極めるためには多角的な視点が欠かせません。

そして、これらは素人がおこなうには、なかなか難しいものがあります。そこで、経験豊富なプロの力を借りることがおすすめです。まずは、不動産売却が得意な不動産会社を選びましょう。不動産売却が得意な会社は、市場動向や税制の変化などの情報を熟知しており、適切なアドバイスを提供してくれます。

優れた不動産会社は、売主の立場に立ちながら最適な売却時期をアドバイスし、スムーズな取引をサポートしてくれるでしょう。

このように、家を売却する際には、感情的な決断ではなく客観的なデータと専門家のアドバイスをもとに進めることが重要です。思い立ったらすぐに売却するのではなく、慎重に検討し、最適なタイミングを見極めることで、より良い条件で家を売却することができます。

多角的な視点と経験豊富なプロの力を借りながら、安心して売却プロセスを進めましょう。

まとめ

家を売却する際には、タイミングが重要です。適切な売却タイミングを見極めるためには、さまざまな要素を総合的に検討する必要があります。また、家の売却を避けたほうがいいタイミングも存在。所有期間や税制の変更、市場の動向などを考慮し、損をしないよう注意が必要です。そして、売却には不動産会社の力を借りましょう。市場の動向や税制の変更にくわしく、適切なアドバイスを提供してくれます。このように家を売却する際は、プロの力を借りつつ、慎重に検討して最適なタイミングを見極めましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

姫路市でリースバックを考えている人の中には、どこの不動産会社がよいか悩んでいる人もいるでしょう。リースバックをする際、不動産会社選びが重要になります。 安心して相談できる不動産会社でなければ
続きを読む
  土地は活用次第で利益を生み出すことが可能ですが、運用が難しいために売却を考える人もいることでしょう。とくに、相続した土地が売却を検討される傾向にあります。本記事では土地の売却相
続きを読む
希望通りの条件でスムーズに家を売るためには、売り時を見極めることが大切です。不動産市況や地域の動向、季節の影響などさまざまな要素が絡み合います。最適な売却タイミングを見極めるためには、地域の
続きを読む